Loading...
About Chinatsu 2017-07-27T11:46:13+00:00

1966年8月生まれ。1987年東京YWCA COLLEGE 英文科を卒業後、MC、インタビュアー、ナレーションなどの仕事に従事。某TV局広報部では多くの著名・有名人のインタビューを通しコミュニケーターとしての仕事の面白さと深さを学ぶ。

1994年12月渡豪。2児の母。2000年にゴールドコーストの健康食品メーカー「ネイチャーズ・ファミリー」社の日本マーケティング・マネージャーとして出産後の社会復帰を果たす。その後、2008年ナチュラセンス・オーストラリア創立。2009年株式会社ナチュラセンス・ジャパン設立。主にオーガニックやスーパーフードの輸出入販売メーカー、それにまつわるイベントやセミナーなどを行う。

20年以上の在豪生活の経験を活かし、現在も日本とオーストラリアを行き来しながら「Work Hard, Play Harder!」の精神で、日本の皆様にオーガニック大国オーストラリアの素敵なプロダクトやコンテンツをお届けする事を活動の軸としております。

仕事は常に「Global and Dynamic!」を目指します。日本語のニュアンスですと・・「情熱と気合!」かな?

カバーフォト撮影:WAX PHOTOGRHAPY 

プロフィール

1994年12月 渡豪。国内外観光地として人気のゴールドコースト在住。土地柄テーマパークや観光局などのPRビデオ日本語ナレーションを多数担当する他、日本企業褒賞旅行のイベントMCなども数多く行う(現在進行形)また並行して現地ウェディング会社に就職。人生初の海外定住生活、職場、職種、言葉の壁、文化の壁などにチャレンジの日々。1996年に長女、1998年に次女を出産。結婚相手の実家も遠方。自分の家族も日本という物理的な事情から、異国にて初めての妊娠〜初めての出産〜子育が始まる。今だから笑える失敗談も山盛り。

2001年、ご縁あって地元のヘルスフードメーカー「Nature’s Family」の日本マーケティング・マネージャーに就任。健康業界に足を踏み入れる事になる。翌年、突然最愛の父を癌で亡くす。この頃から「病気は治療ではなく予防」という言葉が心に焼きつくようになる。

子育てと全く新しい業界での仕事に挑戦し続ける日々。常に文化の壁、言葉の壁にぶつかり続ける。当時は実感していなかったが「ビジュアライズ」を実行し続けた。この頃から「日本人の自分がここで出来る事は何か?」・・と考え始めるようになる。

ビーチカルチャーとの出会い

健康業界に従事しながら、ご縁あって「ビーチカルチャー」に触れる事になる。サーファーなら周知の事だが、ゴールドコーストはワールドクラスのサーフィンスポットが点在するサーフィンのメッカ。元世界チャンピオンサーファーのシェイン・ホラン、そして共通の友達である地元サーファーと共に「サーフトリップ」の企画運営に携わる事になる。サーフィンワールド誌(当時)とのコラボも実現。また、地元エステサロンとタックを組んだ「ガールズ・サーフトリップ」も企画&運営。

「サーフトリップ・プロジェクト」を通してビーチカルチャーに感銘を受け、サーファーズパラダイス・サーフライフセービングクラブとタックを組み、その後7年間日本の修学旅行生を対象に「ライフセービング教育プログラム」を行う。またオーストラリア初のサーフィン・ビザ学校の日本窓口として更にビーチカルチャーに深く関わる。当時、サーフスルールの生徒に真剣に講義をするシェインが黒板がわりに砂浜を指でなぞっていた姿が今でも印象に残っている。

そして、この頃から「日焼け」は避けられないと諦める(笑)

2010年。ご縁あって東京の「メトロポリス・マガジン」誌(在住外国人対象のフリーペーパー)のイベント・マネージャーに就任。毎週、外国人マーケットを対象にした各種イベントを企画・運営。任務を終え2010年12月にオーストラリアに帰国。2011年以降も引き続き健康業界に従事。またイベント業界の仕事も継続し、ギネスブックにも認定された世界1ご長寿のイギリス人クラブDJ Mamy Rockのアジアエージェントを3年間務め、ジャパンツアー、中国ツアー、オーストラリアツアーを実現させた。

・・ごあいさつ・・

遡る事2005年から長年営業活動を続けてきた「ココナッツオイル」が2014年頃から日本マーケットに受け入れられ始めました。そして、その後もオーガニック、スーパーフードとまさに地味に地道に動いてきたメイン・プロジェクトが世界的に動き始め、現在に至っています。

2009年の株式会社ナチュラセンス・ジャパン設立以降はターゲットを日本市場に移し、現在は大切な仲間と共にオーストラリアの商材やカルチャーを微力ながら日本の皆様にご紹介させて頂いております。小さい会社、小さな活動ではありますが、それは自分なりの長年お世話になっている「オーストラリア」への恩返しであり、また信頼のおけるパートナーの皆様のお力をお借りしながら次の世代に正しいもの、良いものを伝えていくことが我々のコア・ミッションであると考えております。

初心と感謝の気持ちを忘れずに益々邁進してまいります!

Thank you so much x
株式会社ナチュラセンス・ジャパン
代表取締役社長 鈴木千夏