Loading...
Our Story 2017-07-21T23:24:14+00:00

ナチュラセンス公式オンラインページにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

ナチュラセンスの活動は「健康と食」を軸にゴールドコーストで2001年、代表の鈴木千夏による個人事業主ビジネスとしてスタートしました。その後、2008年ナチュラセンス・オーストラリアとして正規事業登録。

2009年に株式会社ナチュラセンス・ジャパンの設立

会社名の「NATRASENES(ナチュラセンス)」はNATRA=自然 & SENSE=五感を意味しており、大自然の恵みを「五感」を通して、自分なりのスタイルで取り込み=「インプット」し、輝きや笑顔、健康や美という自分なりの形で表現して行く=「アウトプット」するというコンセプトの元活動しております。

ロゴの上下にある7色のポイントはチャクラの色をイメージしています。

「NATRASENSE」が誕生するまで

代表鈴木は28歳で渡豪、30歳で長女、32歳で次女を出産。人生初の専業主婦になり日々異国での子育てに奮闘していた頃、ご縁あってオーストラリア産の健康食品やオーガニックプロダクトを扱う地元製造メーカーの日本マーケティング・マネージャーとして社会復帰すると共に健康産業界に足を踏み入れました。

異国、異業種の中でチャレンジの毎日でしたが、実績も作り始めた2001年には個人事業主としてメーカーと契約を結びました。その翌年2002年に最愛の父をガンで亡くしたことにより一層食生活の大切さや、病は治療ではなく予防であること、日頃の生活習慣の大切さ・・など意識するようになりました。

当時の取扱商品は、主にオーストラリア産のビー・プロダクト(ハニー、プロポリス、ロイヤルゼリー)、エミューオイル、オーガニック亜麻仁オイル、アプリコットオイル、くるみオイル、オーストアリアが原産国のマカダミアナッツオイルなど。また2004年に勤め先のオーナーが、今ではココナッツの研究者として世界的に有名になられたDrBruceFife氏と知り合った事がきっかけとなり、現在弊社の主力商品で自社ブランドとして展開している「コナッツオイル」の取り扱いを開始。

オーストラリア国内での展開と並行して日本市場への営業活動を重ねましたが、当時日本でココナッツオイルを知る人はほとんどいなくこのミラクルオイルは「端にも棒にも引っかからない」商材でした。

当時から「ココナッツオイルは確実にブレイクする!」という確実な自信がありましたので、何年もの間地味に地道に営業活動を続けました。その間、信頼できる仲間をはじめ数々の素晴らしいご縁を頂く中で今こうして「日本での流通」にたどり着く事が出来ました。

2014年頃〜ココナッツオイルは日本市場でもブームを巻き起こしました。そしてその波は一気に次のブーム品の波に飲み込まれましたが、あのココナッツ旋風がなかったら日本の多くの方にココナッツオイル自体を知って頂く事はなかったので、「嵐のブーム」にも感謝していますし、今も引き続き皆様のライフスタイルにココナッツオイルをお届けできているこの事実は、長かった下積みの年月を考えると、まさに夢のような出来事であり感謝の気持ちでいっぱいなのです。

今後も引き続き、自信を持ってお届けできる取り扱いプロダクトを増やしていくと共に、イベントやセミナー、また「ライフスタイル」をテーマにしたプロジェクトなど、「グローバル&ダイナミック」の掛け声の元、皆様の幸せと健康、そして次の世代に向けて我々ができる事を深く考えながら邁進してまいりたいと思います。

ご一読ありがとうございました。

株式会社ナチュラセンス・ジャパン一同
Team Natrasense